フェイシャルエステ 江南市

学割で出来るフェイシャルケア

フェイシャルエステにはさまざまな種類があって、おおまかに分けると2種類あります。1つはしみやくすみを改善して、美肌・美白を目指すもので、もう1つはハンドマッサージやリンパマッサージで顔のむくみの原因となる老廃物の排出を促し、小顔を目指すものです。他に機械を使った施術もあります。しかしそういった機械は認定を受けたサロンでしか利用出来ません。

機械を使った施術の種類
・イオン導入
微弱な電流を当てて、美容成分を肌の奥深く(真皮層)まで浸透させる方法です。保湿効果を高めたり紫外線から肌を守る効果があります。
・マイクロカレント
人間の生体電流に似た微弱な電流を流し、細胞を刺激して血行を良くしたり新陳代謝を活発にします。
・インディバ
体内に高周波を流して、細胞同士に摩擦を起こしてジュール熱を発生させ、内臓や脂肪を直接温めます。
・L6
吸収運動しているマシンを顔に当てて滑らせるマッサージ方法です。細胞を刺激して新陳代謝を活発にして肌を活性化させる効果があります。
・バイオプトロン
有害な紫外線などを取り除いた太陽光(可視光線、近赤外線)を再現したマシンで、ダメージを受けた肌を細胞レベルで修復します。

これらの機械や一般的なフェイシャルケアも学割が効くところもあります。学割を使うとエステが10~50%引で受けられ、サロンによっては全メニュー割引しているところもあります。またフェイシャルエステに限らず、全身のケアや脱毛にも学割が適用されます。学生の方でもしエステに興味があったら、この機会に学割でフェイシャルエステを受けてみてはいかがでしょうか。

美顔術の後にオススメのバストメイク

フェイシャルエステとは、しみ・しわ・たるみなどの顔の悩みを美顔器やハンドマッサージやリンパマッサージなどで解消するものです。これらのメニューで肌のトラブルが軽減したら、次はボディー、特にバストメイクが気になるのではないかと思います。そこでバストメイクのエステやバストアップの方法などを紹介します。

胸が小さい、張りがなくなった、垂れてきた、左右の大きさが違うなどさまざまな悩みがあるでしょう。だからといって、メスを入れたりシリコンを注入したりする本格的な豊胸手術は抵抗がある方が大半だと思います。しかし最近ではそういったものを使わない、光を当ててバストメイクする方法があります。胸の凝固した組織液に光を当て、温めることで組織液の循環を良くするというものです。これは直接作用で、間接作用は核細胞(線維芽細胞)を活発にしてコラーゲンを増幅させクーパー靭帯に張りをもたせ太くします。最後に内部作用ですが、光を当てることで膨張した部分に栄養分が吸収され、脂肪細胞として定着します。他に新陳代謝や血行も良くなったり女性ホルモンのはたらきを活発にします。この方法を使えば、体の負担を少なくしつつバストメイクが可能になります。

バストマッサージというメニューもあります。これは自分でも出来るので、比較的手軽な方法だと思います。オイルを塗って、乳腺やリンパを刺激するようにマッサージします。こうすることによって老廃物を排出しつつ、脂肪は胸の方にもってくることが出来ます。同時にバストのたるみを防ぐことも出来ます。

いかがでしたか?胸の悩みがある方はこの機会にエステサロンのバストメイクやバストマッサージを検討してみてください。

ローンも組めるフェイシャルエステサロン

フェイシャルエステに興味を持った方はまずインターネットなどで情報を収集して、まずはお試しや体験コースへ行く場合が多いと思います。そして実際に行ってみて気に入ったら継続、というパターンが大半でしょう。そしてサロンでは、さまざまな利用システムがあります。

エステの利用システム
・会員制
入会金を払って、コースなどを契約して会員価格でエステを受けられる制度です。他にもケア用品も会員価格で購入出来ます。ローンを組む場合もあります。
・チケット制
回数券のようなものです。ただ有効期限があるので、使い切れるかよく考えて計画的に購入しましょう。
・フリーパス制
何度も使えるタイプです。元が取れるようにしっかり予約しましょう。
・ビジター制
行きたいときに行ってその都度払うタイプです。割高ですが、忙しくてたまにしか行けない方にはちょうどいいかもしれません。

エステサロンで会員になってコースを契約した場合は、高額になるためローンを組むことがあります。他にプリペイドカードにチャージするという方法もあります。ただ、エステのコースは10万円以上になることもあり、決して安い買い物ではありません。そのため思ったより効果が感じられなかったり、契約にない費用を請求してくるといった契約トラブルがあった場合はクーリングオフ制度を利用できます。クーリングオフで定められた期間(契約から8日間)を過ぎると、キャンセル料が発生することがあります。ケア用品を購入して開封してしまった場合も返品はできません。

このような事態を防ぐために、日本エステティック機構(JEO)エステティックサロン認証制度で認証されたサロンを選ぶのが望ましいでしょう。フェイシャルエステを選ぶ際は上記を目安にして慎重に検討しましょう。洋服買取で服を売ってその分エステ費用にするのもいいですね。

フェイシャルエステで出来る効率の良いデトックス

デトックスとは体内に溜まった毒素を排出する健康法のことで、ダイエットなどと結びつけられていることが多いです。ここではフェイシャルエステに関連したデトックスについて紹介します。

フェイシャルエステには機械を使ってしみやくすみ、ニキビなどを解消するものと、ハンドマッサージやリンパマッサージで小顔を目指すのもの2種類があります。デトックスで用いられるのは大体後者です。オイルや美容液を顔に塗って顔をマッサージします。ハンドマッサージはリフトアップさせるようにする方法です。リンパマッサージの場合は、リンパを刺激して溜まった老廃物の排出を促します。つまりデットクス効果があるということです。他にもアロマでデトックスすることも出来、これは精油をホホバオイルなどで1%以下に希釈したものを顔に塗ってマッサージします。ただ、敏感肌の方はパッチテストをしてから用いた方が良いでしょう。いずれのマッサージ方法もリラックスして受けられるので、美白・美肌・小顔になるだけでなくストレス解消にもなると思います。

フェイシャルエステ以外のものとしては肌からのデトックスは岩盤浴、それと腸からのデトックスや断食デトックスなどがあります。特に腸からのデトックスは便秘を解消することで体から毒素を追い出す、オーソドックスなものです。エステには便秘を解消するメニューもあるのでお悩みの方はこちらも試してみてはいかがでしょうか。断食はあまり本格的なものではなく、有害な物質の含まれていない水や野菜、果物ジュースを摂取する手軽なものです。週末だけでも行ってみると効果が実感できるでしょう。

いかがでしたか?フェイシャルエステやそれ以外のデトックスもぜひ実践してみてください。

フェイシャルエステで小顔になれる?!

フェイシャルエステにはさまざまなメニューがありますが、その中でも小顔になれるものについて紹介します。

小顔になれるフェイシャルエステのメニューには、エステティシャンのハンドマッサージによるリフトアップとリンパマッサージがあります。ハンドマッサージはオイルなどを塗って顔をマッサージすることをいいます。リフトアップは加齢によってたるんでしまった頬や顎を持ち上げ、たるみやむくみを軽減するマッサージ方法です。リンパマッサージは、リンパ周辺をマッサージするものです。これら3つすべてに血行を良くして溜まってしまっていた老廃物の排出を促す効果があります。他に最近ではサーマクールというメスを使わずにたるみを解消できる治療法もありますが、高周波を照射するため、認定されているクリニックでしか行われていません。しかしサーマクールをすることで、肌(おおまかに、表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています)の表皮を傷つけずに真皮に作用して、皮膚内部のコラーゲンを生成し、しわやたるみを解消出来ます。

これらのフェイシャルエステは比較的すぐに効果があらわれますが、やはり数回は通う必要があります。そうなると気になってくるのが、お値段ですよね。フェイシャルエステはサロンによって差はありますが、大体1回2500~3500円ほどのところが多いようです。メニューによっては4000~5000円ほどになる場合もあります。一定の回数分のチケットを買うともう少し安くなるところが大半でしょう。他にキャンペーンやお試しを利用すればさらに安い価格で体験出来ます。

いかがでしたか?小顔になりたい、しわやたるみを解消したいという方やフェイシャルエステに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

母の日のプレゼントに!極上のフェイシャルケア

最近では母の日のプレゼントにマッサージやエステのギフト券を贈る方が増えています。それに伴い、サロンでも母の日のキャンペーンやクーポン券を出したりしています。そこで母の日にぴったりな極上フェイシャルエステやキャンペーンについて紹介します。

フェイシャルエステとは顔に行うエステのことで、主にシミやくすみ、ニキビを綺麗にしたりするレーザーフェイシャルと小顔にしたり美白・美肌を目指すハンドマッサージの2種類があります。自分やお母様の目的・悩みにあったメニューを選びましょう。

母の日のプレゼントのエステプランとしては、母娘で一緒にエステを受けられるものが人気のようです。エステを受けたことがないというお母様も娘さんと一緒なら、不安が和らぐからでしょう。それといきなり全身のエステを受けるとなると、水着のような格好にならなくてはならず、抵抗がある方も多いと思います。そのためその必要がないフェイシャルエステがおすすめです。

母娘が一緒に受けるプランの場合、娘さんだけ約30分(サロンによって多少違うと思いますが)ほど早く終えて、残りの時間でお母様に手紙を書く、というサプライズを行っているサロンもあります。これなら日頃の感謝も伝えられる上に綺麗にもなれて一石二鳥ですね。金額は5000~25000円ほどです。キャンペーンを行っていて、割引されているサロンもありますので、自分の予算に合ったプランを選びましょう。インターネットで申し込めるところも増えているので、比較的気軽に申し込めると思います。

以上が母の日のフェイシャルエステのプランやキャンペーンについてです。
母の日のプレゼントに悩んでいた方も、この機会にフェイシャルエステのプランをプレゼントしてはいかがでしょうか。

フェイシャルケアの厳選キャンペーン

フェイシャルケアの種類はさまざまです。クレンジングや洗顔といった基本的なことから、リンパマッサージや美顔機器を使ったものやレーザーを照射するレーザーフェイシャルなど多数あります。ケアの内容もおおまかにシミやくすみ、ニキビ、などの肌荒れの解消や美肌を目指すもの、マッサージで血行を良くしたり、小顔にするものの2種類に分かれています。

まずは自分の悩みに合ったサロンをインターネットや口コミを調べて選び、無料体験やキャンペーンがあるかチェックしてから行くのが望ましいでしょう。しかし期間限定の場合もあるので、事前に確認してから申し込みましょう。キャンペーンの種類は、シミ・くすみ・ニキビの改善や美白、美肌にするコースなど一通り揃っています。値段は大体1000~3000円ほどで、高くとも5000円以内のサロンが多いです。一度サロンへ足を運んでみて、フェイシャルケアの内容や雰囲気を実際に確認出来るのがキャンペーンのメリットなので存分に体験しましょう。

キャンペーンなどで体験して、気に入った場合は入会するとお得です。たとえば、通常1万円するコースが会員だと7000円ほどになったりして、大抵は数回通えば入会金の元が取れるようです。コースも多数あり、あらゆる肌トラブルに対応できるトータルコースだと4000~15000円ほどで受けられます。最近では男性用のコースもあるようです。ただ、強引な勧誘をしてくるところはやめた方が無難でしょう。

最近フェイシャルエステのキャンペーンはますます増えつつあります。出来れば色々体験コースを受けてからサロンを選ぶと良いでしょう。

フェイシャルエステはすっぴんで行くべき?

フェイシャルエステとは、顔に施すエステのことです。自分に合ったコースに申し込んで、サロンに通う場合が多いと思いますが、その際に電車などの公共機関を使う方もいるでしょう。そういったときにすっぴんで行くのは恥ずかしい…と不安な方もいるでしょう。そこで、すっぴんで行かなくてもいいのかそれともすっぴんで行くべきなのかを調べました。

基本的にはどちらでも良い場合が多いようですが、すっぴんだと紫外線を直に受けてしまうので、日焼け止めは忘れずに塗りましょう。しかしせっかくフェイシャルエステを受けるのですから、まっさらな素肌に直接美容液を浸透させられるように、ケア後の綺麗になったお肌をキープするためにも、出来れば行き帰りともにすっぴんで行くのが理想的です。仕事帰りに行ったり、どうしてもすっぴんで外を歩きたくない、という方は、どのサロンも大抵は始めにクレンジングと洗浄から入るので気にせずに化粧して行きましょう。買い物や用事があって帰りに化粧したいという方も、パウダールームが用意されているサロンなら化粧水やコットンが置かれているでしょうから、化粧品さえ持参すれば問題ないでしょう。この機会にサロンオリジナルの製品を試してみるのも良いと思います。ただ、敏感の方は自分に合った化粧品や化粧水を持参するのが無難です。パウダールームがないところも頼めば鏡を貸してくれるから心配はないでしょう。

すっぴんでフェイシャルエステを受けるか否か悩んでいる方やまだエステ自体を検討中の方にも参考になれば幸いです。

初めての方にもぴったりなフェイシャルケア体験プラン

フェイシャルエステには体験コースがあり、無料のところもあります。そこで初めての方にもぴったりなプランやサロン選びのコツなどを紹介していきます。

フェイシャルエステとは、顔をマッサージしたりすることでシミやくすみといった肌の悩み、トラブルを解消できるものです。しかし、いざ行こうと思うとサロンがたくさんあったり、料金が高かったりして利用を躊躇してしまうこともあるかもしれません。そんなときに体験コースや無料コースを試してみてはいかがでしょうか。体験コースは1000~3000円というお手頃な価格で出来ますし、入会金などもかかりません。プランの種類は美白・小顔・ニキビケア・シミケア・毛穴ケアなど豊富にあるので好きなものを選べます。

まず体験コース選びのコツですが、インターネットで口コミを見て自分に合いそうなサロンを絞ったり、自宅や勤務先から交通の便がいい場所を調べると良いでしょう。他には予算やサロンに通う目的に合っているかなどをチェックしましょう。これだ、というサロンが見つかったら体験コースを申し込みましょう。最近はインターネットで申し込めるところも増えているようです。体験プランや無料コースに行った後はフェイシャルエステを受けた効果が感じられるか、サロンの雰囲気はどうか、スタッフの対応はどうだったかなどを考慮した上で入会するかどうかを決めるといいでしょう。体験することで、サロン選びに失敗したり後悔するような事態は防げるはずです。

体験プランを行っているサロンはたくさんあるので、自分に合ったサロンを見つけて納得のいくフェイシャルエステを受けてください。

フェイシャルエステで美白を目指そう!

そもそもフェイシャルエステとは顔に行うエステのことで、おおまかに分けて手でマッサージするハンドマッサージと美容機器を使ったケアの2種類です。

ハンドマッサージはむくみやくすみ、顔のたるみが気になる方におすすめです。特にくすみは美白を阻む原因の1つなので、徹底的にケアしましょう。ハンドマッサージの流れとしては、まずクレンジングしながら顔をマッサージして皮脂汚れなどを取り除きます。その後にオイルや美容液を塗って肌に浸透させるようにケアしながらリンパマッサージをしてから、パックをしたら終了です。リンパマッサージはリンパの流れを良くすることで老廃物を排出しやすくするものです。顔のたるみはリフトアップでケアします。リフトアップは年齢と重力で下がってきてしまった頬などを上げるマッサージ方法です。

美容機器を使ったケア、主にレーザーフェイシャルはシミや小じわに効果があります。これらを消すために低出力のレーザーを照射して治療します。そうすることでメラミン色素のみを選択して破壊し、肌への負担もほとんどありません。照射時間は5~10分ほどで、輪ゴムで弾かれたような痛みがあることもあります。1回の施術でかなり改善はするようですが、基本的に1ヶ月に1回通うことを5~6回繰り返す必要があります。シミの他にそばかすや小さなホクロなどにも効きます。

ハンドマッサージとレーザーフェイシャルを行うことで、美白になれるでしょう。肌のお悩みがある方はぜひ参考にしてみてください。